不妊にはL-カルニチン

不妊にはL-カルニチン

ダイエットサプリメントとして知られているL-カルニチンですが、実は不妊対策にも良いといわれています。

 

■L-カルニチンの効果

 

L-カルニチンは脂肪の代謝に必要なアミノ酸で、そのためにダイエットに効果アリといわれています。

 

脂質をエネルギーに変換する際に必要なのがこのL-カルニチンで、脂肪を燃焼するミトコンドリアに運ぶ役割をしています。

 

L-カルニチンは体内でも生成されていますが、加齢により生成量は減っていくといいます。
また、もともと生成している量では不足しがちであるともいいます。

 

そのため食べ物からの摂取で補っているのですが、インスタント食品やファーストフードなどに頼った食生活や、偏食、ダイエットなどの理由により、食事から補えていないことが多いと考えられています。

 

■不妊対策としてのL-カルニチン

 

ダイエットサプリメントのイメージが強いL-カルニチンですが、不妊治療にも期待できるといいます。

 

L-カルニチンの働きは脂肪をミトコンドリアに運ぶことで、そこで脂肪が燃焼されます。
どんどん脂肪が運ばれていくことでミトコンドリアの働きが活性化され、それが全ての細胞の活性に繋がるのだといいます。

 

つまり体が元気になり、卵子や精子も元気になるということです。
L-カルニチンは妊娠しやすい体を作ってくれるのです。

 

■L-カルニチンの摂取方法

 

L-カルニチンは肉類や牛乳などに多く含まれていますが、必要量が摂取しにくい場合はサプリメントがおすすめです。
ただし、摂りすぎには注意が必要なので摂取量には気を付けましょう。